ETCカード、絶対知っておくべき3つのポイント

クレジットなしのETCカードについて

ETCカードがあると高速道路や自動車専用道路を走行する時にとても便利です。私は大型バイクに乗っているので、とても助かっています。昔は料金の支払いがとても大変で、支払いにまごつくことが多く、後続のドライバーに迷惑をかけることもよくありました。

今はバイクに乗ったまま料金所を通過できるので、昔と比べるととても便利になりました。通常、このカードを利用するには、クレジットカードに申し込む必要がありますが、私はクレジットなしのETCカードを使っています。私は現金主義を徹底しており、クレジットカードは好きではないので、クレジットなしのカードを作りました。このカードのことをETCパーソナルカードといいます。

クレジットなしのETCカードを作るには、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアに申込書が置いていますので、申込書に必要事項を記載して郵送すると、申し込み手続きをすることができます。その後、デポジットと呼ばれる預り金を納めると、カードを利用することができます。ETCパーソナルカードにはクレジットカードの機能が付いていないので、通行料を後払いにすることはできず、事前に納めたデポジットの金額の範囲内でのみ利用することができます。

 

ETCカードはお得なのでおすすめです

郷里に帰るためやレジャーなどで、高速道路を利用する人は方も多いです。別に補足するほどでもないが、ETCカードのETCとは、無線通信を利用した通行料金自動収受システムのことです。

自動車に取り付ける無線装置といっても、あらかじめETCカードを取り付けるする機械が必要です。今の自動車は、最初から付いていたり、標準装備で設定するものが多いです。そして、ETCには2つに分けられ、クレジットカードとETCの一体型カードとETCだけが備わっているものがあります。

実際には後の方のETCだけが備わっているカードが大半です。ETC機能だけのカードでも、普通のクレジットカードと同じに、ETC利用をした後に引き落としされます。そして、クレジットカード会社はETCだけでの発行はしないので、通常のカードと一体型になります。一体型の親カードに年会費がかかっても、ETCカードには年会費がかからない会社が多いです。

クレジットカードを持っている人は、加入している発行会社に通知すれば追加でカードを作ることができます。ETCカードがおすすめの理由は、レンタカーなど自分の自動車以外でも、自らのカードを使えるという事です。それから、混雑している料金所を止まらずにで通過できます。利用料金に対応して、マイレージが貯まります。また、無料通行分とそのポイントが交換できるサービスなど、さまざまな割引が提供されるのでおすすめです。

 

ETCカードを審査なしで作ることの魅力

ETCカードには、クレジット機能が付いているカードとクレジット機能が付いていないカードがあります。クレジット機能が付いているETCカードには審査があり、過去に金融事故を起こしたことがある場合や個人事業主などが審査通過は難しいです。そのような人でも審査なしのETCカードならば作ることが可能です。

審査が必要な理由は、クレジット機能がついているためなので、クレジット機能がなければ審査なしで作ることができます。中には、クレジット機能が付いていると紛失や盗難に遭う可能性があるため、クレジット機能を付いていない審査なしのカードを作ろうとする人がいますが、一般のカードと比べて、クレジットカードを利用してポイントがたまる機能や多くのサービス機能が使えないため、あまり利用する便利さはありません。

また、クレジット機能がないため、料金の支払い方法が銀行、郵便局などの預金口座から引き落とされます。結局、審査なしのETCカードを作る最大の魅力は、金融事故を起こしたことによりブラックリストに載った人でもカードを作ることができる点です。1度でも金融事故を起こしてしまって、審査通過ができずに困っている人に最適なカードと言えます。

 

クレジットカードの審査を突破するには?年会費なし